QLOOKアクセス解析

キャッシングまでの全体像を知れば失敗をしない。

全体から細部へ入ると、大きな抜けがなくなる。

キャッシングまでの段取りは以下の5ステップです。キャッシングだけでなく何事においても全体を見渡す大切さは盛んに論じられているので、参考にしてください。

  1. 借金の目的を考える
  2. 返す際に有利な貸金業者を選ぶ
  3. 必要書類をそろえる
  4. 融資の依頼をし、審査を受ける
  5. 借りたお金を返す

以上です。

一、 借金の目的を考える。

借金は大きく分けて二つに分類できます。目的別ローンと、フリーローンです。目的別ローンは文字通り、資金の使途が予め自動車購入など決まっているローンです。フリーローンは借金の使途が自由な利便性の高い商品ですが、金利が高いデメリットがあります。あなたの借金の目的に沿ったローンの種類を考えます。

二、 返す際に有利な貸金業者を選ぶ

当然ですが、借りたお金は返す必要があります。返済のポイント、は金利の低さと繰り上げ返済の利便性です。金利が低ければ貸金業者に返済する総額が減ります。繰り上げ返済が一円単位で何度でも無料で行なえる貸金業者は、早期完済が実現しやすくなります。

三、 必要書類をそろえる。

身分証明書、源泉徴収など収入を証明する書類、目的別ローンなら、購入予定の住宅や自動車の見積もり、学資が目的なら合格通知書や受験票などが必要です。

四、 融資の依頼をし、審査を受ける。

目的に沿っており、金利が低く一円単位の繰り上げ返済を無料で毎日受け付けてくれる貸金業者を見つけたら、実際に融資の依頼をします。インターネット、店頭、無人契約機など、窓口は様々です。

また、審査が通ると、会社、ないし仕事場に在籍確認の電話が掛かってきます。貸金業者は普通ローン会社の名を出さずに、一般の人を装って電話を掛けてきます。
「田中と申しますが鈴木さんいらっしゃいますか?」
このような感じの電話です。状況によっては在籍確認の電話だと知られてしまう可能性もありますので、下手に隠すよりは、大手銀行系のローンの融資なら思い切って銀行名を出して電話を掛けても構わないとお願いし、開き直る手もあります。

五、 借りたお金を返す

借金は繰り返すと習慣になります。一刻も早く完済する段取りを立て実践して下さい。特にキャッシングなどフリーローンを契約した場合は、金利がとにかく高いので借金を完済する行動を最優先して下さい。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!