QLOOKアクセス解析

金利が低く、繰り上げ返済の利便性が高いキャッシング会社で、全額を借り替える。

返済の一本化で楽になっても、金利が現状よりも高くなっては意味がない。

複数のキャッシングを抱えていた自身の経験からも分かりますし、筆者だけでなくインターネットの体験談などを丁寧に拾っても容易に分かりますが、月の初め、中旬、月末などに異なったタイミングと金額で次々と迫ってくる返済日を気にするだけで、疲れます。その苦労を軽減する手段として借金の一本化が選択肢としてあります。

実際に借金の一本化を実現させた筆者の個人的感想から言っても、あるいは別の人の感想を確かめても、一本化は気分的に楽になります。お金を返す相手が一社に減りますから、エネルギーの集中先が明確になります。

しかし、キャッシング一本化の実現には問題が三点あります。

一、 借入金の全額を借り替えられるか?

借入金が余りに大きいと、一社で全額を借り替えられないケースもあります。

二、 金利は高くならないか?

借金の一本化で返済の手順が減り、時間的にも精神的にも楽にはなれますが、その利便性の代償として高金利を要求されるケースもありますので、一本化の際は金利を確認して下さい。金利が高くなれば、借金の返済総額が結局増えてしまいます。

三、 繰り上げ返済の利便性が確保されたキャッシング会社か?

金利が現状よりも安くなり、全額を引き受けてくれるキャッシング会社が見つかれば、借金の一本化は行なうべきですが、早期完済のポイントは繰り上げ返済の利便性にもありますので、念のためキャッシング会社に確認して下さい。一円単位で、毎日何度でも、無料で繰り上げ返済をさせてもらえる利便性は、キャッシング選びの重要なポイントです。借り替え時にキャッシング会社を検討する際も、理屈は同じです。

仮に一社で全額を借り替えられなかったとしても、諦めてはいけません。仮に六社から借り入れがあれば、三社を条件の良いキャッシング会社で一本化して、支払いの相手を四社にまとめるのです。

月々六回支払う手間が四回に減っただけで充分気が楽になります。金利が少しでも低いキャッシング会社から借り換えできた事実が、少しですが完済へ近づいている前向きな気持ちにさせてもくれます。

出来る方策は何でも打って、一円でも支払い額を低減させ、少しでも返済に関する悩みを軽くさせてください。顔色も変わります。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!