QLOOKアクセス解析

辛くても、電話連絡をする

遅延しても返済日を申告すれば結局は対応してくれる。

返済が遅れた時の対処法を知っておくと心理的に楽です。

多重債務を経験し、多重債務をするくらいですから当然返済を遅らせた経験のある筆者です。その時の経験と、インターネットに見られる別の方の体験談や助言を総合して考えると、返済が遅れた際の最もベーシックな対応方法は、電話連絡です。

返済が遅れそうなのに、あるいは遅れているのに、わざわざ自分からキャッシング会社に連絡する行動には非常な勇気が必要だと言う現実は充分に理解しています。

返済が一日遅れ、二日遅れた場合、出来るだけひっそりと隠れていて、キャッシング会社から電話が掛かってきても電話を受けずに、お金の都合がつきそうなその日まで何とかウヤムヤに出来れば良いのにと考え、筆者も行動していました。

しかし、返済が遅れているのにもかかわらず電話にも出ないと、キャッシング会社も一日に何度も電話を掛けてくるようになります。その電話の回数が重なると心理的なストレスになり、極端な場合は電話の着信自体に対して恐怖を抱くまでになります。

ポイントは、電話連絡です。

極論を言ってしまえば、キャッシング会社が遅延しているお金を返してもらうために出来る手段と言えば、電話連絡しかないのです。電話を掛けるオペレーターの声色を徐々に冷淡にしてみたり、遅延が続けば女性のオペレーターから男性の淡白なオペレーターにバトンタッチしてみたりと、細かい芸で債務者にプレッシャーを掛けてきます。

「少しずつ、少しずつあなたの立場は社会的にマズイ方へ傾いている」と言う雰囲気を、電話の雰囲気で伝えてくるのです。どこのキャッシング会社もたいて同じ段取りを踏むので、きっと業界マニュアルが存在するのでしょう。

もちろん恫喝まがいの言動は禁じられていますから、言葉の選択自体は非常に丁寧で、洗練された標準語です。しかし、言葉それ自体が丁寧だと言っても、その台詞をしゃべる人の目的がプレッシャーですから、言葉の裏側にある用件が伝わってきます。

犬は逃げる人間をいっそう追いかける習性があるように、キャッシングを催促するスタッフの方々も同様です。逃げれば何度でも電話を掛けてきます。電話に出なければ留守電に何度もメッセージを残してきます。

「新しいメッセージが6件です」
と言うようなメッセージを聞くだけで、さらに逃げたくなる心理は人間に共通です。

逃げないで下さい。返済の遅延が発生しそうなら、あるいは発生したら、結果として一番精神的にストレスが掛からない対応策は電話連絡です。遅延の発生をキャッシング会社に自分から電話で伝える行動は非常に緊張しますし嫌ですが、何の連絡もなく逃げ回っている時のストレスはその緊張や嫌な気分をはるかに上回ります。

堂々と、と言う表現もおかしいですが、堂々と
「返済できない」
と伝えるのです。確実にキャッシング会社のスタッフは
「困る」
と言ってきますし
「あなたの信用が傷つくので払ったほうが良い」
などと伝えて来ますが、何とか踏ん張って
「払えない」
と言うのです。次にキャッシング会社は、
「それならば何日までに支払えますか?」
と聞いてくるので、余裕を持った日取りを正直に伝えてください。この返答時に根拠のない日にちを伝えると、結局その約束の日に支払いの確認を先方が出来なかった場合は催促の電話を再開してきますので、意味がありません。

正直に、正確なお金の都合がつく日を予め検討した後に、電話で伝えて下さい。返済が遅れた際の鉄則です。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!