QLOOKアクセス解析

金利の低さと、繰り上げ返済の利便性を共に実現した会社で借り替える。

キャッシング返済において、金利の低さと繰り上げ返済の利便性が全て

キャッシングに慣れすぎて段取り全てを知り尽くしてしまった状態も考え物ですが、一方で始めてのキャッシングは右も左も分からない状況で契約する場合が多いので、最高の条件を選択している可能性は案外低いです。

借り換えを盛んにキャッシング会社が促す理由は、自社が他社の条件より優れている面が多いと考えるからで、実際に借り替えて好条件を手に入れた経験を筆者も持ちます。

借り替えのポイントを言います。

一、 面倒くさがらない

大前提です。限定合理性と言う心理学の用語がありますが、人は新しい行動を取る面倒さと、さしたる不都合のない現状を維持する気楽さを天秤に掛けた後、たいてい後者の気楽さを選ぶと心理学で明かされています。

つまり、今より金利の低いキャッシングの会社はあるが、現状の借入先でも大きな問題は別に感じていないので、新しく一社契約し借り替える面倒を避けて、現状維持を選ぶ人間が多いと言う話です。

新たに一社契約する手間と時間を考えると、現状を維持したくなる気持ちも理解できますが、借金の話をしているのです。特にキャッシングは一刻も早い完済が絶対なので、少しでも条件の良い会社に乗り換える賢さと配慮が、あなたを助けます。

二、 金利の低い会社を選ぶ

金利の低さは返済金額の総額に影響を与えます。少しでも金利が低く借りられそうなら、面倒くさがらず乗り換えて下さい。

三、 繰り上げ返済の利便性を確保する

早期完済のポイントは金利の低さと、繰り上げ返済の利便性です。

金利が低くなったけれど、新しく借り替えた会社は繰り上げ返済の回数に上限があるなど、他の部分で不都合が生じるケースもあります。

金利と繰り上げ返済の利便性の両方をバランスよく考えてください。一円単位で毎日何回でも繰り上げ返済でき、かつ現状よりも低利で貸してくれる会社があれば、魅力的な候補です。

四、 複数の借入先がある場合、可能な限り一本化できる会社を選ぶ

複数社の支払期限を把握する作業は骨が折れますし、精神衛生の面から考えても良くありません。

返済を常に考えている人は顔つきで分かると、消費者金融の窓口スタッフが語っていました。一本化は借金の返済を単純化できるので、精神的にも楽になります。しかし、複数のキャッシングを全額まとめられないケースや、返済は便利になったが結局金利が高くなったと言う話を聞きます。

面倒くさがらず、金利が低く、繰り上げ返済の利便性を確保してあるキャッシング会社に乗り換える。その際、複数の借金を一本化できれば理想的と考え、借り替え先を検討して下さい。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!