QLOOKアクセス解析

借金の使い道を明確にする。

借金は借りる理由によって金利が変化する。

借金をする際に注意する最初のポイントは、何のために借金をするのか理由をハッキリさせる態度にあります。

もちろん借金の使い道をハッキリさせれば、不必要な借り入れを避けられると言う特典もありますが、一番肝心な理由は、借金の使途により金利が変化するからです。

インターネットで「フリーローン、目的別ローン」と検索してください。ヒットしたホームページに借り入れ目的の違いによる金利の差が述べられています。まず自分が何のために借金をするのかハッキリさせないと、金利の面で不利な条件を背負い込む危険性があるのです。

借金は大きく分けて二種類あります。

  1. フリーローン
  2. 目的別ローン

以上です。フリーローンとは文字通り、借金の使い道が自由な形態で、キャッシングもフリーローンの一形態です。目的別ローンとは、住宅ローン、自動車ローン、学資ローンなど借金の使い道が決まった商品です。

両者の違いは金利と利便性です。

目的別ローンは家を買う、自動車を買う、大学の入学に必要な入学金を支払うなどお金の使い道が決定しているので、ある意味前向きな借金です。現金を別の有意義な何かに役立てる目的で借りるので、一般的とも言えます。

仮にあなたが自動車を購入する、大学の受験に必要な上京の費用を都合するために借金をするなら、間違いなく目的別ローンを組んで下さい。貸出の金利がキャッシングに比べて圧倒的に低いです。自動車ローンなら見積もり書、学資ローンなら入学通知、受験票、ならびに保証人などを用意する必要があり、重ねて審査も厳しく時間も有しますが、金利が低く抑えられるので圧倒的に得です。

一方でフリーローン、キャッシングのメリットは融資までのスピードと、審査の非常な簡便さにあります。目的別ローンに比べて年利15%前後と金利は高いですが、インターネット、あるいは無人契約機を利用した即日融資、保証人無しでの融資など、気軽で便利に利用できる点がメリットです。

また、借り入れた現金の利用目的は自由なので、そのお金を使って買い物をしようと、生活費の補填に充てようと、東北の被災地にボランティアへ出掛けようと、自由です。

キャッシングをする前に必要な段取りは、あなたの借金は何が目的なのかを考える整理にあります。フリーローン、目的別ローン、どちらが自分に適しているのか見極めてからスタートして下さい。

実際に自動車購入の借り入れでフリーローンを組んだ人の話を、キャッシング会社のオペレーターから聞いた覚えもあります。要注意です。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!