QLOOKアクセス解析

開き直って、借金を借金で返す最悪の方法を避ける。

開き直れば、他人の目など気にならなくなる

返済が遅れた時、一番心理的にこたえる問題は、キャッシング会社から掛かってくる電話です。他人に知られたらどうしようと言う考えが頭をよぎります。借金の返済が遅れていると言う申し訳なさが手伝って、必要以上に自分を卑下し、催促の言葉に翻弄されてしまいます。

その気後れが原因で別の借金に頼り、借金を借金で返す最悪の事態に陥ります。

無茶苦茶な言い方ですが、借金を返せなかったとしても、金銭に関する信用が傷つき不便するだけです。別に命をとられる訳ではありません。

最悪の状態まで来たら、開き直りましょう。今さら他人の目など気に出来る状況でもありません。他人の目を気にする人間心理を狙って電話や訪問をキャッシング会社のスタッフは実行してきます。最初はあなたの携帯電話、次は自宅の電話、次いで近所の目が集まる時間帯の訪問と、徐々に他人の目に触れやすい方法を採用してきます。

ならば逆に自分から周りの知人、同僚に、家族に
「借金を返せなくなっちゃってさ」
と笑って暴露してしまいましょう。楽になります。その後で、キャッシング会社に連絡をし、返せないと言うのです。

とは言え借りたお金、ただ
「返さない」
でなく、
「何日まではどうしても現金の都合がつかないので返せない」
と言うのです。筆者も経験があるので分かりますが、キャッシングの会社は確実に
「困る」
と答え、
「期日を守らないとお客さまの信用が傷つくので、支払った方がお客様のためです」
と丁寧な言葉で心理的なプレッシャーを与えてきます。さらには、
「明日までに何とかなりませんか」
と絶対に言ってきます。取りあえず今日の支払いを猶予された安心と、申し訳なさが絡み合って思わず、
「はい。何とかしてみます」
と答えてしまいがちですが、同意してはいけません。返せないのに何とかしますと同意すれば再び嘘をつく結果となります。

「申し訳ないけど何日までは何があっても返せない」
と開き直ってください。開き直られたら先方は打つ手がないのです。また、たいていの場合、何日まで返せないと宣言すれば、その間催促の電話や訪問はとまります。心理的に楽です。

次はその約束した日まで、集中して金策に走って下さい。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!