QLOOKアクセス解析

カードローンをある程度利用していると、その後ローン会社から増額の案内が来たり、電話で増額の誘いが有ったりします。

もちろん、自分で増額をしようと、ローン会社へ増額申請をする人もいますが、増額をするきっかけになるのは、ローン会社からの増額案内があってからというケースが非常に多くなっています。

増額ができると、ローンの利用枠が増えるという事になりますから、複数社から借り入れしている人であれば一本化をする事もでき非常に便利なように感じます。

しかし、それはもろ刃の剣となることもありますので、安易に増額をするのではなく、返済計画をたて計画的に増額をする事が大切です。

(1)増額になったのはいいけれど・・・負のスパイラルに気を付けよう

カード会社から増額の案内があり、そのまま増額をしたのはいいけれど、目的なしの増額により結果として借り入れ過多になってしまうというケースもあります。

これはどういう事かというと、増額をしたために借り入れ額が増えますから、計画性を失って借り入れをしてしまうという、心の余裕が招く結果につながります。

その結果、返済できないほどの借入額になってしまい、最終的には出金そのものが停止されてしまうという事にもつながりかねません。

こうなってしまうと、負のスパイラルにはまってしまい、収拾のつかない状況になってしまう事になりますので、増額をしても計画的に利用するようにしましょう。

(2)増額のタイミングをしっかりと確認しておこう!

増額はできる事ならしておきたいと思うのは、お金を借りている人、複数社から借り入れをしている人、収入が少ないという人なら当たり前の話かもしれません。

特に失業中などの場合、収入が少ない場合には増額をして当面の生活費を確保したいと思う人も少なく無いと思いますし、逆にその期間に増額できればありがたいですよね。

とはいえ失業中となると収入が無いわけですから、返済できるかどうかが分からない人に貸す事になりますので、ローン会社からしてみれば怖い存在でもありますよね。

ですから、増額案内があった時に失業しているという事実が、ローン会社側に伝わればその時点で出金停止になる事もありますので、しっかりと覚悟をしておくようにしましょう。

(3)出金停止は限度額増額の場合だけではありません!

アットローンを増額し、何の問題もなく返済をしていても、出金停止になってしまう事もあります。

これは、増額ではなく、他社での借入額が急激に増え、多重債務になる可能性があると判断された場合に起こることがあります。

もちろん、出金停止になればお金を借りる事ができなくなりますので、結果として融資を受ける事ができなくなるという事です。

他社からの借り入れも含め、慎重に借り入れを行うという事も非常に重要な事の一つになるのです。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!