QLOOKアクセス解析

アットローンの良い所は、返済方法として「リボルビング払い」を選択できるという点でもあります。

毎月同額の返済額で済むため、計画的な返済をしやすいという点で、最近利用する人が増えてきている返済方法でもあります。

とはいうものの、リボルビング返済にする事によるデメリットというのもありますので、リボルビング払いを選択した場合のデメリットを理解しておきましょう。

(1)リボルビング払いは毎月同額の返済額で計画的に返済できる!

アットローンで採用されているリボルビング返済ですが、毎月同額の返済になるため、非常に気軽に利用できる返済方法として利用者が増えています。

もちろん、返済する事に変わり有りませんが、収入がなかなか増えない時代においては、返済額が毎月変わらないというのも非常にありがたい事です。

リボルビング返済の場合、返済当初は利息の返済が多くなり、元金がなかなか減りませんが、返済後半になればなるほど利息より元金の割合が増える返済方法となっています。

計画的に返済をするために、リボルビング返済を利用する事も一つ視野に入れ、アットローンに申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

(2)返済金額よりも、返済年数が延びていく「リボルビング払い」

リボルビング返済の最大のメリットは、毎月返済額が変わらず、さらには限度額に達するまで何度でも出し入れが可能だという事です。

ですから、高額な買い物をしたしても月に支払う金額が1万円で済んでしまうため、実際にいくら利用したのか分からなくなるという危険性があるのです。

また、1万円を借りたとし、1万円の返済をした場合、返済の1万円のうち利息部分が6割だとすると、実際には4千円の返済しかしていませんので、6千円の借入になっているのです。

つまり、一度借り入れをするたびに、返済期間がどんどん延びていき、気付いた時には10年、15年と返済期間が延びている事になるのです。

(3)残高スライド返済方式のリボルビング返済

アットローンで採用されているリボルビング返済ですが、正式名称は「残高スライド返済方式」と呼ばれ、ちょっと分かりにくい返済方法になっています。

残高スライドというのは、50万円の借り入れで1万円、30万円の借り入れで5千円という契約の場合、50万~31万円の残高の場合には、1万円を毎月返済しますが、残高が30万円になった時点で、毎月の返済額が5千円になるという返済方式になっています。

ですので、分割払いのように1万円を10回払うというのではないため、最終的な返済期間が分かりにくいという点があるのです。

自分で利用したお金を、いつ返し終わるのかなどをしっかりと考え、自分にあった返済方法を選択する事も大切なのです。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!