QLOOKアクセス解析

アットローンに100人が申し込みをして、100人全員が審査を通るという事はありません。

少なくとも、審査を通らない人がいるのも事実です。

なぜなら、貸金業法による総量規制により、消費者金融の審査基準は年々厳しくなってきているからなのです。

収入による貸付制限が設けられ、貸す側も審査を厳しくし、法に触れる事の無いようにする必要が出てきている状況です。

また、約29%の金利が当たり前であった時代から、グレーゾーン金利が行政によって利息制限法の利率18.0%まで引き下げる事になったという事もあるのです。

この金利引き下げによって、徴収しすぎの利息分を逆に返す作業が増え、その分が新規申し込みをする人の負担になっていると言えるのです。

もちろん、これはアットローンにおいても例外ではなく、やはり法律改正の影響は少なからず出てきていますし、また、その分審査が厳しくなっている事もやむをえない事なのです。

(1)現状の貸付状況がどうなっているのかが重要

審査に通らないケースで一番多いのは、複数の会社から借り入れしている事による、他社件数の多さによります。

借入合計額が50万円であったとしても、5社から借り入れを10万円ずつしているなどという場合には、他社件数が多いため審査に落ちる可能性が高まります。

また、次に気を付けなくてはならないのが、返済に関する事故歴があるかどうかという点が非常に重要になります。

事故歴というのは、一度でも支払い遅延をしたなどという場合でも、その記録が残りますので、結果として審査が通らないという事につながるのです。

(2)自分自身の情報が不正確であったり、基準を満たしていない!?

アットローンに申し込んだとき、自分の住所や連絡先など、不正確な情報で合った場合には、審査通過は非常に厳しいと言えます。

これは、貸す側の心理から考えれば普通の事で、どんなに身なりがしっかりしていても、申込み内容が不正確な場合には返済してもらえるかも分かりませんので、貸したくはありませんよね。

アットローンも慈善事業ではありませんので、貸したお金を回収できなければ利益もあがりませんし、会社そのものを維持することもできません。

ですから、事前にしっかりと審査をし、その人が正確な情報を記載しているかどうかを判断することで、他の利用者へのリスクを最小限に抑えているのです。

(3)勤続年数が短いと審査を通らない可能性も・・・

定期的な収入があれば、総量規制の対象であっても借り入れを行う事ができる可能性は非常に高くなりますが、勤務先の勤続年数が短いと審査を通らない事もあります。

これは、今後定期的な収入が続くかという事も判断材料として見られるため、勤続年数が短すぎるの場合には、審査をする場合に不利になってしまう事もあります。

アットローンの場合でも、勤続年数が短い場合には審査を通りにくい事もあるかもしれませんが、まず申込みをしてみてから結果を待つという事も大切です。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!