QLOOKアクセス解析

貸金業法の改正が行われ、主婦がお金を借りる事ができなくなるなど、改正による影響が大きい世の中・・・。

規制は、年収の3分の1までという制限ができたとこにより、収入が無い人が借りられないという事になってしまったからです。

ですが、どうしてもお金が必要な時ってありますし、年収の3分の1以上必要になることもありますが、そんな時はいったいどうしたら良いのでしょうか?

(1)銀行のカードローンに申し込をしてみましょう

貸金業法の対象となっているのは、実は消費者金融といわれる金融業者が対象になっており、銀行で行う融資は対象になっていないという事があります。

もちろん、銀行も審査をしますので、必ず借りられるという訳ではありませんし、総量規制と同等の制限をしている銀行もあります。

ですが、消費者金融だけではなく、銀行独自のローンを利用することで、年収の3分の1以上借りる事も可能性としては十分ありえますので、その点をしっかりと確認しておきましょう。

また、場合によっては50万円以内であれば収入証明書が不要な場合もありますので(年収などは自己申告が必要です)、大きく借りるのではなく、必要な分だけ借りるのであれば銀行の融資を検討してみてはいかがでしょうか?

(2)ビジネスローンを上手に活用しましょう!

サラリーマンと比べ個人事業主の場合、安定的な収入が無い事から審査そのものが厳しくなったり、融資を受けられないという事もあります。

更に、総量規制の影響もあり、非常に厳しい現状にさらされているというのも事実です。

そんな個人事業主の場合、各種金融機関のビジネスローンを利用してみる事をお勧めします。

ビジネスローンは総量規制の対象外となっており、事業のために利用するお金としてローンを活用することができるというメリットがあります。

総量規制とはいう物の、お金の利用目的によっては対象から外れるものもありますので、そういう準備をしておく事も大切です。

(3)パート・アルバイトをするとローンが受けられます!

総量規制により、主婦だとお金を借りる事が出来ないという状況になりましたが、実はアットローンの場合、定期的な収入があることで借り入れを受ける事ができる場合もあります。

比較的、主婦のパートやアルバイトを仕事として考えず、申込み時点で主婦(無職)として申込みをする人が多くみられます。

ですが、正社員=定期的収入ではなく、アルバイトでも毎月決まった日に給料があれば、定期的な収入がある事に違いはありませんので、パート・アルバイトをする事で借り入れにつながる可能性は非常に高まります。



アットローン徹底特集

キャッシング初心者必見!